初期費用とは何なのか

賃貸物件を借りる時、初期費用というものを払わなければなりませんよね。しかしこの初期費用っていうのはどういうものなのでしょうか。基本的に、初期費用というのは敷金、礼金、それから仲介手数料や前払いの家賃などによって構成されています。物件によっていろいろなのですが、そのほかにもたとえば鍵交換代であるとか、退去時のクリーニング費用をあらかじめ徴収するという物件もあったりしますので、契約するときにどんな費用があるのか確認しておきましょう。

敷金には担保金の性質が

初期費用の中でも最も基本的なのが敷金です。敷金っていつも引越しをするときにとられるけど、具体的に何に使われているお金なのでしょうか。敷金というのは、入居者に何かあった時に対応するための担保金という性質があるのです。たとえば、入居者が家賃を支払うことができなくなってしまったといったような場合、このあらかじめ徴収しておいた敷金から引かれるというわけなのですね。なので、敷金は基本的に何も問題を起こさなければ、退去時に帰ってくるものなのです。

礼金は古い習慣の名残

もう一つ代表的な初期費用として、礼金というものがありますよね。この礼金というのは、敷金とは違って、何か特別な意味があって徴収されているものではありません。礼金は全額が大家さんの懐に入るもので、したがって敷金のように退去時に取り返すことができるものではないのです。礼金は古い習慣の名残に過ぎず、もっと大家さんの地位が高かった時代にお礼金として支払っていたお金なのです。なので、最近では礼金がかからないという物件も増えてきているのです。

札幌の賃貸マンションはダブルオートロック機能といった防犯セキュリティがしっかりしているだけじゃなく鉄筋コンクリートで造られているので強度もあって地震に強いマンションです。