飲食店の店長は売上げアップが仕事

大手のチェーン店の場合は本社の規定通りにやる必要性から店長の裁量は少ない場合もありますが、飲食店の店長の最大のミッションが売上げをアップさせることという点は共通しています。売上げアップのためには、いいメニューを揃えることと、絶妙の価格設定をすることです。この二つのうちどちらが欠けても売上げは上がりません。おいしい料理でなければリピートはありませんし、価格が高ければ顧客は離れ、価格が安ければ売上げが落ちてしまうのです。ここが店長の腕の見せ所です。

店長は高品質低価格の仕入れが仕事

売上げの確保ができたとしても、店長の仕事はまだあります。それは粗利益を大きくするために食材のコストを下げることです。当然、品質を落とせば材料コストは安く済みますが、それではおいしい料理を提供することが難しくなり本末転倒です。安くいいものを仕入れることが重要ですが、考え方を変えて、安い食材をいかにおいしくアレンジしていいメニューに仕立てるかという点も重要です。さらに、材料の仕入れ量が足りなければ売り損ないが発生しますし、多すぎれは廃棄ロスが出ますので仕入れ量の管理も重要な仕事といえるでしょう。

店長は人材を確保することが仕事

いいメニューが揃って材料が安く購入できても、それを作る料理人とサーブするホールの人間が確保できなければ飲食店は維持できません。採用段階からいい人材を確保する努力を惜しまず、採用後も徹底して教育をすることが求められます。飲食店はただ料理を出すだけではなくて料理を中心としたサービスを提供する場所です。店長は、働いている人のサービス精神がリピート客を増やせるかどうかの一つの鍵であることを肝に銘じて人材管理を行うことが大事でしょう。

飲食店を経営したいと考えている人はとても多いです。もしも飲食店の譲渡の予定があるならば、不動産会社に相談する方法がおすすめです。どのような価格で売却できるのか、具体的な数値を知ることが可能ですから、とても助かります。